正しいお手入れ方法を理解しよう

床のホコリは、掃除機などで吸って除去している人が多いと思います。 しかしカーテンにも、ホコリが溜まっていることを忘れないでください。 ホコリを除去することで、綺麗な状態をずっとキープできます。 ハタキを使ったり、掃除機でホコリを落としてください。

洗濯すると綺麗になる

ホコリ以外の汚れが付着して気になる場合は、洗濯してください。 カーテンの生地が洗濯できるタイプなのか、必ず確認しましょう。 また洗濯する時は生地を痛めないように、必ずネットに入れてください。 大きいサイズのネットがあれば、楽に入るのでおすすめです。

汚れがついたらすぐに拭こう

すぐに拭き取ることで、汚れが染みになりません。 カーテンを汚してしまった場合は、すぐに拭くことを徹底してください。 しっかりと衣料用の洗剤を使うことで、カーテンを無駄に傷つけることはありません。 キッチン用の洗剤は、成分が強いので生地を痛めてしまいます。

普段からこまめにお手入れ

あまり掃除していない人が多いですが、実はカーテンは毎日掃除しなければいけません。
ホコリが溜まりやすいので、ハタキでホコリを落としてください。
山になっている部分に、特にホコリが溜まります。
たくさんの誇りが溜まっている時は、掃除機をかけても良いでしょう。
しかし、吸引力に気をつけてください。
大きな力で吸うと、カーテンの生地を傷つけてしまいます。
吸引力を自分で調整できる掃除機なら、弱くして使いましょう。
毎日ホコリを取っていれば、カーテンが長持ちします。

毎日掃除していても、カーテンは次第に汚れが目立っていくと思います。
汚くなったら、洗濯をしましょう。
洗濯する際は、フックを全て外してからネットに入れてください。
大きな窓の住宅は、カーテンを複数使っているでしょう。
しかしたくさん洗濯機に入れても、うまく回らないので汚れが落ちません。
洗濯する時は、最高でも2枚までにしましょう。
複数のカーテンを洗うなら、数回に分けてください。

今汚れがついたという場合は、急いで拭き取ることでシミになることを回避できます。
すぐに中性洗剤を水で薄めて、布に染み込ませてください。
この時は必ず、衣料用洗剤を使いましょう。
中性洗剤には、キッチン用もあります。
ですがキッチン用の中性洗剤では、強力な成分が含まれているので、カーテンを痛める危険性があります。
激しく擦ると、シミの範囲が広がります。
広らないよう、たたくようにシミを拭き取ってください。