>

正しいお手入れ方法を理解しよう

このコラムをシェアする

ホコリが溜まりやすい部分

カーテンは、山になっている部分があります。
そこにホコリが溜まりやすいので、こまめに掃除してください。
ホコリを落とす際は、ハタキを使うと良いですね。
軽くハタキでたたけばホコリが落ちてきますし、カーテンを傷つけることもありません。
カーテンの上部は掃除しにくいと思いますが、台の上に登るなどして、こまめに掃除をしなければいけません。

ホコリだらけにしていると、次第にダニが繁殖します。
人間の身体に害を与えるので、ダニが生息しないように定期的に掃除をしてください。
ホコリを取る作業は、できれば毎日実施しましょう。
毎日きちんと掃除していれば、カーテンが汚くなることはありません。
ダニも繁殖しないので、健康的な生活を送れます。

掃除機を使う場合

掃除機があるなら、それを使ってカーテンを掃除しても良いでしょう。
簡単にホコリを除去できるので便利です。
ですがホコリを吸う際は、力を強くし過ぎないよう気をつけてください。
床を掃除する時の強さは、最大にしている人が多いでしょう。
しかしカーテンも同じように最大の力で吸引すると、傷つきます。

強度を弱くして、掃除機でホコリを吸ってください。
大きな掃除機を持って、カーテンを掃除するのは大変でしょう。
ハンディ掃除機があれば、片手で持てるので非常に楽です。
力のない高齢者や女性は、カーテンの掃除用にハンディ掃除機を購入した方が良いでしょう。
すると掃除が楽になるので、毎日継続できると思います。
継続できる方法を選択しましょう。