>

洗濯すると綺麗になる

このコラムをシェアする

洗濯する際のポイント

カーテンをネットに入れる際は、綺麗にたたんでください。
適当にネットに入れて洗濯すると、シワがついて汚くなります。
するとシワを取るために、乾いてからアイロンを掛けなければいけません。
大きなカーテンを、アイロン掛けするのは大変です。
最初からシワがつかないよう、丁寧に折って洗濯すればアイロンの手間を削減できます。

大量に洗濯したいカーテンがあった場合でも、1回に洗う量は2枚までにしてください。
一気に洗うと、洗濯機が回りません。
それでは汚れが落ちないので、洗濯した意味がなくなります。
自宅にあるカーテンの全てを選択したい時は、数回に分けてください。
小分けにして選択すれば、綺麗に汚れを落とすことができます。

短い時間に設定しよう

カーテンを痛めないよう、水流を弱く調整してください。
水の量は、最大にしましょう。
また、長時間洗濯するのもおすすめできません。
5分から、10分ほどの洗濯でカーテンは綺麗になります。
洗濯し終わった後に脱水をすると思いますが、脱水はもっと短い時間にしましょう。
30秒ぐらいで十分です。

服を洗った時は、乾燥機を使っている人が見られます。
ですがカーテンを乾燥機に入れると、縮んだり傷ついたりする可能性があるので、絶対に使わないでください。
その後は、いつも通りカーテンレールに取りつけて乾かしましょう。
洗濯の工程は、これで終了です。
服を洗う時と、洗濯機の設定が大きく異なります。
どのような設定なのか、必ず確認しましょう。